コート・ダジュールってどこ?どんなところ?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
コート・ダジュールとは、フランス南部にある、イタリア寄りの地中海に面した地域を指します。コート・ダジュールは「紺碧海岸」という意味で、夏のヴァカンスシーズンに特に人気の場所です。

コート・ダジュール地方の主な都市は、ニース、カンヌ、マントン、そしてフランスではないですがモナコもあります。

名所は、ニースでは海岸沿いのプロムナード・デザングレとシャガール美術館・マティス美術館。カンヌでは、クロワゼット大通りと旧市街。マントンでは、ジャン・コクトー美術館と要塞美術館。モナコでは、大公宮殿やカジノ・ド・モンテカルロなどです。

他にも、鷲の巣村と呼ばれる要塞のような町・エズやサン・ポール・ド・ヴァンス、ピカソ美術館のあるアンティーヴ、陶芸で有名なヴァロリス、香水で有名なグラース、マティスの礼拝堂で知られるヴァンスなど、魅力的な小さな町がいろいろあります。

カンヌ映画祭、ニースのカーニバル、マントンのレモン祭り、モナコのF1グランプリなど、イベントもいろいろ開催。

名産は、オリーブオイル、ポプリ、ビオットのグラス、ヴァロリスの陶器など。名物は、ニース風サラダやソッカなどです。

コート・ダジュールをもっと知るために

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: