シャンパーニュ地方ってどこ?どんなところ?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
シャンパンで有名なシャンパーニュ地方。名前を知っている方は多いですが、フランスのどこにあるのでしょうか。

シャンパーニュ地方は、フランスの北部にあり、東側はロレーヌ、西側はイル・ド・フランス(パリとその周辺都市エリア)と接する地方です。主な都市は、ランス、トロワです。

ランスのスペルはReimsで、日本語では同じくランスになるLensとは別の場所です。Lensには、ルーヴル・ランス美術館があります。

シャンパーニュ地方のランスの名所は、世界遺産に登録されているノートルダム大聖堂、サン・レミ旧大修道院とトー宮殿です。

ノートルダム大聖堂は、シャガールによるステンドグラスや「微笑みの天使」の彫刻などが見どころ。他に、藤田嗣治がフレスコ画を描いたフジタ礼拝堂もあります。

トロワは、木組みの家が立ち並ぶ町並みが見どころです。サン・ピエール・エ・サン・ポール大聖堂やサント・マドレーヌ教会なども。

エペルネーは、モエ・エ・シャンドンの本社もあるシャンパンの町です。ヴーヴ・クリコはエペルネーとランスにセラーがあり、どちらの会社のセラーも見学ができます。モエ・エ・シャンドンのセラーは、世界遺産に選ばれました。

名産はシャンパン、ビスキュイ・ローズ・ド・ランスなど。
名物は、シャンパーニュ風ポテ、カキのシャンパーニュ蒸し、アンドゥイエットなどです。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: