パリから日本へポストカードを送るには?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問

フランスの郵便局について

ポストカードは、LA POSTE(ラ・ポスト)と書かれた黄色い郵便ポストまたは郵便局の窓口から投函します。郵便ポストの場合、日本への郵便は、Autres départments-Étrangerと書かれている投函口へ入れましょう。

郵便局はLa Poste Paris Louvre(中央郵便局)だけが、多くの日はほぼ24時間営業です。それ以外の郵便局は昼休憩があることも。

LA POSTEのWebサイトや郵便局の入口で、営業時間を知ることができます。

La Poste Paris Louvre 住所:16 Rue Étienne Marcel, 75002 Paris

送る際の注意

日本までの送料は、20gまでは1.3ユーロ、100gまでは2.6ユーロです。

切手は郵便局のほか、タバコ店(TABAC)やタバコが販売されているカフェや一部のホテルでも買うことができます。

送り先の国名(JAPON)は、右下にはっきりとフランス語で書くようにしてください。また、航空便だとわかるようPAR AVIONも記入します。文字の下に赤い線などを引くと、目立ちやすいです。差出人の住所と名前は左上に小さめに、送り先の住所や名前は真ん中に大きく書きます。差出人の住所は宿泊しているホテルの住所で大丈夫。住所や名前は、日本語で書いてもいいですが、ローマ字もあわせて書くと親切です。

通常、約1週間~10日で日本に届きます。

もし、自分あてに荷物を送る場合は別送品扱いになります。別送品については、下記をお読みください。

フランスから日本への荷物(ハガキや手紙以外)の送り方は?
フランスから2kg以上20kgまでの荷物を送る場合、小包(Colissimo (International)・コリッシモ(アンテルナショナル))扱いになります。しかし、ダンボールを...

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。お問い合わせ