フランスでクレジットカードをなくした場合の手続き

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
 旅行に出発する前に、クレジットカードのコピーを事前準備することをおすすめします。番号がわかれば、下記の緊急時の問い合わせもずっとやりやすくなります。

カード会社に連絡し、カードを無効化します

まず、カードの紛失がわかった時点で、クレジットカードが不正使用されないよう、カード会社に無効処理をしてもらいます。再発行依頼もあわせて行いましょう。早ければ1~3日で再発行してもらえる場合も。


主なカード会社の緊急連絡先(フランス)

Visaグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービス
0800 919 552(24時間日本語対応。コレクトコールの場合、+1-303-967-1090)

Mastercard
0-800-90-1387(24時間対応、日本語不可)(コレクトコール +1-636-722-7111、24時間日本語対応)

JCBカード
00-800-00090009(24時間日本語対応)
パリのJCBプラザ ラウンジで緊急再発行も可能です(即日受け取り)

AMEXグローバル・ホットライン
0800-90-83-91(24時間日本語対応)+81.3.3220.6100(24時間日本語対応、コレクトコールの場合)

DINERSコールセンター
+81-3-6770-2796(24時間日本語対応)

三井住友VISA/MASTER紛失・盗難受付デスク
00-800-1212-1212(オートコレクトコールナンバー、24時間日本語対応)

DCホットライン24(三菱UFJニコス)
00-800-3770-1818(オートコレクトコールナンバー、24時間日本語対応※携帯からかける場合、現地国内通話料が、ホテルによっては施設利用料がかかる場合あり)

UC
00-800-80058005(ワールドフリーフォン、24時間日本語対応※携帯からかける場合、現地国内通話料がかかる場合あり)

シティバンク(SMBC信託銀行プレスティア)
+81-45-330-2890(24時間日本語対応)


日本へのコレクトコール:KDDIジャパンダイレクト 0800-99-0081(24時間日本語対応。※オペレーターに相手先の電話番号と名前(会社名)を伝えます)

フランスの警察で盗難・紛失届証明書を発行してもらいます

カード会社への連絡が終わったら、次に現地の警察に行き、盗難にあった旨を伝え、証明書を発行してもらいます。

書類を発行してもらう際に提出する被害届作成依頼書記入用紙は、在フランス日本国大使館のWebページ上にも登録されています(日本語とフランス語併記)。

警察の場所がわからない場合は、こちらも在フランス日本国大使館のWebページ上に登録されているリストで確認してみましょう。こちらは各区を代表する警察署で、24時間営業です。
他の小規模の警察署は、パリ警視庁のWebページで確認してみてください。緊急用の警察署の電話番号は17番です。

(参考)日本大使館の近くの警察署

Préfecture de Police 8ème arrondissement(8区警察)
住所:210 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris
電話番号:01-40-20-19-06

証明書について

ホテルで紛失した場合には、ホテルからも証明書を発行してもらいます。
盗難・紛失届証明書は2部発行してもらえるので、1部は保険会社に提出するため、日本に持ち帰りましょう。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: