フランスのカフェやレストランにはお会計のレジがない?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
フランスの一般的なカフェやレストランはテーブル会計のため、着席したまま会計します。

食事が終わり、担当のギャルソン(ウェイター)と目があったら、L’addition s’il vous plaît(ラディシオン シルヴプレ→お勘定お願いします)とお願いしましょう。または、手にメモをとるジェスチャーをします。

ギャルソンが伝票を持って来たら、現金かカードで支払いをします。お店によっては、現金だけの場合も。
もし、別会計にした場合は、Additions séparées, s’il vous plaît(アディション・セパレ シルヴプレ)とお願いしましょう。

カフェでは、注文が届いた段階で支払することもできますよ。その場合、ギャルソンはお釣りをテーブルに持ってきた時、支払いが終わった、という印に、レシートの一部を破いたり、レシートを折ったりします。もし、その後チップを払う時には、テーブルにお金を残してください。

ファーストフードや一部のカフェはレジでの会計方式のところもあります。テーブルでお会計のカフェでも、レジにすでに伝票が用意されているケースの場合、途中でレジに行って支払することも可能です。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。お問い合わせ