マルシェやスーパーで買ったハムやチーズ、日本に持ち込める?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
フランスのマルシェやスーパーマーケットで見つけた、美味しそうなシャルキトリー(肉加工品)やチーズ。これらのものを日本へのお土産にしようと思っている方は要注意です。フランスから日本への持ち込みは、物によっては厳しく制限されているものがあります。

肉類は基本的に全てダメ

残念ですが、肉製品(ハム・ソーセージなど)は、生はもちろん調理済みの加工品でもほぼ全ての持ち込みが禁止されています。つまり、フランスのマルシェやスーパーマーケットで売っている肉製品は、おみやげとして日本へ持って帰ることはできません。

牛肉、豚肉、鶏肉だけでなく、鳥類やジビエ(ダチョウや鹿・ウサギなど)も厳しく制限されています。

シャルル・ド・ゴール空港の免税店で売っている肉加工品であれば問題ないかというと、こちらも持ち込みはほぼできません。時々、日本に持ち込めますよと誤解している店員さんにすすめられますが、これは間違いです。

なぜ、持ち込めないの?

日本への肉加工品の持ち込みには、日本向け検査証明書をつけた輸出許可取得済み製品のみが持ち込みできるように制限されているからです。

ですがヨーロッパでは、検査証明書が添付されて販売されているものがほとんどなく、日本への持ち込みは現状ほぼ無理という状況となっています。

自分用の少量なら問題ない?

量に関係なく禁止されています。

こっそり持ちこめばばれない?

せっかく見つけた美味しそうなグルメ食品、日本で買うより断然安いし、どうしてもお土産にしたい、こっそり持ち込めばバレない、という声もたまに聞こえますが、空港ではビーグル犬による肉製品の検査があり、持ち込みが見つかった場合は罰則の対象となります。

フランスには肉製品だけでなく、他にも素敵なお土産がいっぱいあります。また、日本でもフランスから(正式な許可を得て)輸入された肉製品を扱うオンライン業者も数多くあります。そのため、法律を破って旅の最後を台無しにするリスクを抱えるのはもったいないです。そのため、肉製品はフランス国内のみで楽しむことをおすすめします。

ただし、カマンベールなどの柔らかいタイプのチーズやバターは、溶けるものとして液体扱いになります。そのため、機内持ち込み手荷物に入れる場合は、100ml以下の容器に入れ、ジップロックなどの透明な袋に入れる必要があります。

スーツケースに入れる場合は、手荷物のような規則がありません。そのため、スーツケースにパッキングして帰国することをおすすめします。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。お問い合わせ