フランスのレストランは何時までオープン?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
フランスのレストランは通常、22:00~23:00がラストオーダーの店が多いです。しかし、急いで食べて帰らなければいけない訳ではありません。ポンピドー・センターのジョルジュのように、閉店時間がラストオーダーから2時間後、というケースも。

フランスのレストランのディナータイムは19:30ころから始まりますが、その時間にはまだお客さんがあまり入っていない状態のことも多いです。少し時間に遅れていくことが礼儀となっていて、日本に比べ夕食の時間は遅めになっています。

サンジェルマン・デ・プレやシャンゼリゼなどの有名カフェは、24:00以降までオープンしている店が多いです。サン・ジェルマン・デ・プレの二大有名カフェ、ドゥ・マゴ・カフェカフェ・ドゥ・フロールは、深夜1時まで営業しています。

夜遅くにパリに到着する方やコンサート帰りなどの方には、オ・ピエ・ドゥ・コションなど24時間のレストランも便利かもしれません。

主な24時間営業の店:

オ・ピエ・ドゥ・コション(Au Pied de Cochon)

住所:6 rue Coquilliere, 75001 Paris

ル・グラン・カフェ・カプシン(Le Grand Café Capucines)

住所: 4 bd des Capucines, 75009 paris

オ・ピエ・ドゥ・コション
ル・グラン・カフェ・カプシン

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: