フランスの免税手続きについて

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
TVAと呼ばれる、日本の消費税のような「付加価値税」は、同じお店で1日に購入した額が175.01ユーロを超えた場合に免税になります。

付加価値税は通常20%ですが、おおよそ12~13%分が返金可能。免税を行う店舗には、通常、TAX FREEの表示がされています。免税書類は購入した当日に、必ず記入してもらってください。お店によっては、担当者が不在などで受け付けてもらえないケースも。

お店で免税を依頼する時には、Détaxe,s’il vous plaît.(デタックス、シルヴプレ→免税にしてください)と言って依頼します。
身分証明用にパスポートを見せ、レシートを渡すと、お店の人が輸出販売明細書(bordereaux de vente à l’exportation 、ボルドー・ドゥ・ボンテ・エ・レクスポタション- 略称・BVE)を作成。この書類は3枚複写式になっていて、1部はお店で保管し、2部持ち帰ります。1番上が控えで、2枚目が税関提出用の書類になっています。用紙の見本はこちらです

用語:
Désignation de la marchandise(商品の説明)
Quantité(数量)
Taux TVA(TVA率)
Prix unitaire HT(税抜き価格)

輸出販売明細書には、C欄にDate(日付)、Signature de l’acheteur(購入者の署名)があり、自分で書くケースもあります。税金還付の方法は、現金払いか振込から選ぶことができます。

D欄のMODE DE REMBOURSEMENT(モード・ドゥ・ランブゥスモン→返金方法)の欄にクレジットカードか現金のどちらかが記入されるので、クレジットカードの場合、書かれたカード番号が正しいか必ず確認しましょう。お店では輸出販売明細書だけでなく、免税書類専用の封筒をもらうのを忘れずに。

ギャルリー・ラファイエット・パリ・オスマン本店の輸出販売明細書を免税システム・Pabloで処理した場合は、書類の送付は不要です。

フランスから日本に帰国する場合、空港で免税手続きをします。Pabloには日本語表記で説明が表示されるので、操作が楽にできますよ。ただし、Pabloが故障しているケースや書類のバーコードを読み込めないケースも。その場合は免税カウンター(Bureau de détaxe)に行きましょう。

免税カウンターではパスポート、航空券、購入した商品(未使用)をチェックし、スタンプを押します。もし、フランスの後にEUの国に行く場合は、その国でスタンプを押してもらいましょう。

振込払いの場合、スタンプを押してもらった書類は、免税書類専用の封筒に入れて6か月以内にポストへ投函。封筒を送った2~3ヶ月後に口座に振り込まれます。現金の場合、空港にあるグローバル・リファウンド(TRAVELEX)のカウンターで書類と引き換えに返金してもらいましょう。もし、時間に余裕がない場合は、郵送して振込払いに切り替えることもできます。また、

税関が終了しているなどでフランスで免税処理できなくても、フランス大使館で3ヶ月以内ならば受け付けてもらえる可能性もありますよ。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: