フランスの公衆電話のかけ方

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
フランスの公衆電話は現在テレカルト(Télécarte)というカード専用のものが主流です。テレカルトはもともと挿入口に入れるテレフォンカード・タイプだけでした。現在は、国際電話専用のテレカルト・アンテルナショナル(Télécarte Internationale)のように印刷された数字を打ち込むタイプが主流です。

テレフォンカードタイプの場合

まず、受話器をとり、発信音が鳴ったら、テレカルトの絵が描かれている面を上にし、矢印の向きでカードを差し込みます。

画面にカードの残り度数と「お待ちください」(PATIENTEZ)の文字が表示され、その後、「番号を押してください」(APPUYEZ LE NUMERO)に表示が変わったら、電話番号を押しましょう。

電話が終わったら、受話器をもとに戻すと、カードが出てきますので取り出します。

テレカルト・アンテルナショナルの場合

テレカルト・アンテルナショナルの裏面の銀色の部分を、コインなどで削ります。
まず、受話器をとり、発信音が鳴ったら、1に書かれた番号を入力します。

1:一覧(Composez
Dial(電話番号)
・固定電話からの場合(D’une cabine ou d’un Poste fixe)無料(ACCES GRATUIT)→この番号を入力します。

電話会社に電話がつながり、相手の話が終わったら、*を押します。

2:あなたのコードを打ち込んでください (Tapez suivi de votle code)→続けて、この番号を入力します。

カード残高(通話可能時間)のアナウンスが終わったら、

3:あなたの相手先の電話番号を打ち込んでください (Composez le numéro de votre correspondant)
→00(国際電話識別番号)+国番号(日本は81)+電話番号(市外局番の0は入力しません)
(例)03-1111-1111にかける場合→00-81-3-1111-1111
→相手先の電話番号を例のように打ち込みます。

電話を切らずに新しい通話を発信するには、♯♯を入力(Pour un nouvel appel sans raccocher, tapez ♯♯)→これを選択し、♯♯を入力します。
メニューサービスを調整するには、♯3を入力(Accoder menu des services,tapez ♯3
同じ相手先を思い出すために、♯0(Pour rappeler le méme correspondant ,♯0

これで電話が日本の相手につながります。

テレカルトが買える場所

テレカルト(Télécarte)には、50度数・7.50ユーロと120度・15ユーロの2種類があります。
テレカルトは、郵便局の専用窓口やタバコ屋(TABAC)などで購入することができますが、カードがないときはカフェやホテルの中の公衆電話を利用しましょう。

最後に

公衆電話の中には、クレジットカードの利用ができるものもありますが、電話料金は高くなります。また、国際電話対応していない電話もあります。テレカルトを使い切れないようでしたら、KDDIスーパーワールドカードというテレホンカードを日本で購入するのもいいかもしれません。KDDIスーパージャパンダイレクトで電話をかける場合、0800-99-0281(この番号にかけた後は、ガイダンスに従いKDDIスーパーワールドカードやクレジットカードの番号と相手先の電話番号を入力します)。KDDIスーパーワールドカードはあまったら、日本で使うこともできますよ。 

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: