フランスの0階ってどこにあるの?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
0階は地上階、日本だと1階のことを指します。フランス語ではRez-de-Chaussée(レドショッセ)と呼ばれ、エレベーター(ascenseur・アッサンスール)の表記はr、rcまたは0です。

日本の2階はPremier étage(プルミエ・エタージュ→1番目の階)でエレベーターの表記は1または1er、3階はDeuxième étage(ドゥジエム・エタージュ→2番目の階)でエレベーターの表記は2または2eです。フランスの場合、地上より上の階に関しては、日本の階数から1を引いた表記となっています。

地下はLe Sous-Sol (ルスソル)と言い、エレベーターの表記はssです。
地下1階は-1階で、Premier sous-sol または1er sous-sol(プルミエ・スソル)と呼ばれ、地下2階は-2階で、Deuxième sous-solまたは2e sous-sol(ドゥジエム・スソル)と呼ばれます。

「何階ですか?」と聞くときは、C’est à quel étage?(セタ・ケレタージュ)と言いましょう。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: