ブルゴーニュ地方で絶対食べるべき名物料理は?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
ブルゴーニュ地方といえば、エスカルゴ(かたつむり)が有名。ガーリックバター味でいただきます。はじめて食べる時はちょっととまどうかもしれませんが、絶妙な味付けで食がすすみます。シーズンは11月から1月です。

赤ワインで鶏肉を煮込んだ料理・コッコ・オー・ヴァンは、もともと雄鶏(コック)を使っていたのでこの名前がつきました。赤ワインで牛肉とニンジンを煮込んだビーフシチュー・ブッフ・ブルギニョンもブルゴーニュ名物です。

ジャンボン・ペルシェは、刻んだパセリとハムを豚のゼラチンで固めた、前菜として出されることの多い料理。

ブルゴーニュ地方のディジョンはマスタードが名物です。マスタード専門店・マイユには、黒トリュフ入り・パルメザンチーズ入りなど日本ではなかなか買うことができないマスタードが揃っています。

デザートでは、アルザス地方のクッキー型ではなく、パウンドケーキ型のパンデピス。ロマネ・コンティやシャブリなどのブルゴーニュワインも名物です。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: