ブルターニュってどこ?どんなところ?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
ブルターニュとは、フランスの西にある大西洋に面した地域のことです。

ケルト人が住んだことで独自の文化が築かれました。毎年8月には、ロリアンでケルト民族フェスティバルが開催されます。

主な都市はサン・マロ、レンヌ、カンカル、カンペールです。

名所は、サン・マロの城壁と旧要塞。レンヌのサン・ピエール大聖堂、ラトゥールやピカソなどの作品を展示するレンヌ美術館、タボール庭園、サン・ジョルジュ宮殿、市庁舎とオペラ座。カルナックの巨石群。カンペールにある、ゴーギャンなどフランス絵画のコレクションが充実したカンペール美術館など。

名産は、カラフルな色合いの手描きの陶器・HB(アッシュべー)アンリオのカンペール焼き、塩バターキャラメル、りんごのお酒・シードル。名物は、そば粉から作るガレットと小麦粉から作るクレープ、カンカルの生ガキなどです。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: