ホテルの「星」(格付け)ってどうやって決まるの?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
ホテル選びの参考にする星や格付け。国ごとに基準は異なり、フランスの場合はフランス観光振興機構(ATOUT France)によって星が決められています。1〜5つ星まである格付けは、5年ごとに更新。フランスの場合、主に、ソフト面よりハード面を重視して評価を行っています。

星の基準一覧

1つ星

1室2名(バスルーム・トイレなし)の部屋の広さが9㎡以上あること。お湯と水が出る洗面所があること。フロントが8時間以上オープンしていること、など。

2つ星

1つ星の基準に加え、4階建て(日本の5階建て)以上の場合、エレベーターがあること。従業員がヨーロッパの国の外国語を1つ話せること。フロントが10時間以上オープンしていること、など。

3つ星

2つ星までの基準に加え、1室2名(バスルーム・トイレ付き)の部屋の広さが13.5㎡以上あること。 全室に電話とテレビがあること。Wi-fiが利用できること。3階建て(日本の4階建て)以上の場合、エレベーターがあること。フロントが12時間以上オープンしていること、など。

4つ星

3つ星までの基準に加え、1室2名(バスルーム・トイレ付き)の部屋の広さが16 m²以上あること。2階建て(日本の3階建て)以上の場合エレベーターがあること。30室以上の場合、フロントが24時間オープンしていること。従業員が英語を含む外国語を2つ話せること、など。

5つ星

4つ星までの基準に加え、1室2名(バスルーム・トイレ付き)の部屋の広さが24 m²以上あること。50室以上の場合、ルームサービスは24時間、コンシェルジェ・サービスなど。

そして、5つ星の中でも特に優れたホテルは、パラス(PALACE)という称号を得ることができます。

格付けの基準になる条件の一覧は、こちらのWebページで確認することができます。(フランス語のみ)

同じホテルなのに、星の数に違いがあるのは?

ホテルの星は、ミシュランなど民間の機関が決めた格付けとは、評価が必ずしも一致しません。また、星の数により宿泊料金に含まれる宿泊税の金額が違ってきます。パリの場合、宿泊税は1人当たり1泊0.82~4.4€で、3つ星の場合、1.65ユーロです。

今だけ!パリのホテルがセール中

Booking.com

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: