ミディ・ピレネーってどこ?どんなところ?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
フランスの南西部にある、ピレネー山脈に接する地域です。
ミディ・ピレネーの主な都市は、トゥールーズ、アルビ、ルルド、コンクです。

名所は、トゥールーズのキャピトル、サン・セルナン・バジリカ聖堂、ジャコパン修道院、アセザ館、オーギュスタン美術館。カストルのサン・ブノワ大聖堂とゴヤ美術館。モワサックのサン・ピエール修道院。ルルドにあるマサビエルの洞窟の泉、ベルナデットの生家、聖ベルナデット博物館。コンクのサント・フォワ修道院教会。世界一高い橋・ミヨー橋など。

アルビはロートレックの故郷で、トゥールーズ・ロートレック美術館や、郊外には小さいころ住んでいたボスク城もあります。他には、世界遺産に選ばれているサント・セシル大聖堂も。

名産は、ライヨール・ナイフ、アルマニャック、スミレの花びらの糖衣がけなどスミレを使った商品、ガトー・ア・ラ・ブロッシュ。名物は、カスレ、フォワグラ、鴨のコンフィ、ガスコーニュ・パイなどです。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: