ルーブル美術館に並ばずに入るには?

ルーブル美術館のピラミッド入り口の混み合い方は有名。何時間も待つよりも、優先入場チケットを買ったほうが絶対にいいです。特に雨の日や冬の寒い日は辛いです。

入場までに長蛇の列に並ぶのが当たり前、と言われているルーブル美術館。時間の限られたフランス滞在で、ただ並んでいるだけで時間を無駄にするのは避けたい、という方のために、フランスプラス編集部が「並ばないコツ」を紹介します。

【一番の解決法】ガイドツアーに参加して、団体専用入り口でスムーズに入場

まず最初に、待ち時間が劇的に短くなる方法です。それは、旅行会社が主催するルーブル美術館ガイドツアーに参加して、団体専用の入口から入場する方法です。
*日本からツアーに参加するのではなく、このガイドツアーだけに単独で申し込めます。

拘束されるガイドツアーよりも自分で気ままに見て歩きたいという方も多いですが、ツアー解散後はそのままルーブル美術館に残れる場合がほとんどなので、そこでゆっくりと自分のペースで見て回ることもできます。

また、ルーブル美術館を担当するガイドは美術に造詣が深いベテランさんのことが多く、ヨーロッパの歴史も交えて代表的な絵を興味深く解説してくれます。下記のような日系旅行会社のガイドツアーであれば、荷物なども集合場所のオフィスで預かってもらえる場合もあるのでさらに便利です。

ガイドツアーに参加せず、個人でじっくり見て回る予定の方は、混み合ってない入場口から入場するのが一番いい方法です。ここでは、ルーブル美術館にある4つの入口について解説します。

ガラスのピラミッド入口

一番有名なのは、ガラスのピラミッド入口です。
ルーブル美術館を代表する建物なので、一度は間近に見てみたい場所。
ただし、一番混む入口でもあります。
もし、日本でパリ・シティパスポートiconルーブル美術館の優先入場券iconを事前に購入していれば、優先入場(entrée priorité)専用の列が利用できるため、かなり早めに入り口を通過し、セキュリティー・チェックの場所まで行くことができます。

ルーブル美術館のピラミッド入り口の混み合い方は有名。何時間も待つよりも、優先入場チケットを買ったほうが絶対にいいです。特に雨の日や冬の寒い日は辛いです。

ルーブル美術館のピラミッド入り口の混み合い方は有名。何時間も待つよりも、優先入場チケットを買ったほうが絶対にいいです。特に雨の日や冬の寒い日は辛いです。

パッサージュ・リシュリュー入口

日本でパリ・シティパスポートiconルーブル美術館の優先入場券iconを事前に購入した方は、リヴォリ通り側のシュリー翼が入口にある、パッサージュ・リシュリュー入口がおすすめです。
この入口は前売り券を持っている人専用の入口だからです。

ただし、月曜日・木曜日・土曜日・日曜日は9:00~17:30、水曜日・金曜日は9:00~18:30までなので、夕方以降に行く予定の方にはおすすめできません。

カルーゼル入口

カルーゼル入口は、ショッピング・センターであるカルーゼル・デュ・ルーブルに近い入口です。チケットをまだ持っていない場合、こちらがガラスのピラミッド入口よりもすいています。

カルーゼル入口に向かう方法は、カルーゼル凱旋門の横から、リヴォリ通り99番入口、メトロ1号線7号線のパレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーブル駅直通の入口の3つ。こちらはチケットを持っていてもいなくてもセキュリティー・チェックの列が一緒です。

屋内(地下)なので、雨の日は濡れずに待つことができます。また、ガラスのピラミッド入口と同じく閉館時間まで利用することができますよ。

地下鉄のパレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーブル駅直通の入口は、美術館の開館時間以外は開いていないので、朝早く行かれる方はご注意を。

ポルト・デ・リオン入口

最後に、一番穴場だったポルト・デ・リオン入口ですが、現在は団体専用入口になってしまったため、残念ながら一般利用することができなくなりました。

どの入り口を使うにしても、優先入場券を事前に購入が安心

世界一の美術館として有名なルーブル美術館では、日本の観光地とは比較にならないほどの人たちが世界中から毎日のように訪れます。当然、チケットを購入する行列も長く、開館前から長々と続く行列は、天気が悪い日や、真夏・真冬は特に大変です。屋外で何時間も待つことが無いように、ぜひパリ・シティパスポートiconルーブル美術館の優先入場券iconを日本で事前購入してください。

パリ・シティパスポートiconは期間中は他の美術館や交通機関も無料で入場できるパスポート。3つ以上の美術館を回る方にはこちらがおすすめ。

一方で、ルーブル美術館だけに行くならルーブル美術館の優先入場券iconの方がお得で便利。こちらは宿泊ホテルに届けてもらうので、パリで引き換える必要が無いのも便利です。ホテルが決まり次第、出発日よりも少なくとも10日以上前の予約をおすすめします。



Booking.com

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。お問い合わせ