フランスのレストランの「フォーマルな服」って?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
レストランによってフォーマルな服の基準は多少異なりますが、ミシュランの三ツ星レストランでも、タキシードやロングドレスなどを着たら、逆に浮いてしまいます。

ほとんどのレストランは、一般的なスマートカジュアルや少しドレスアップした正装で問題ありません。

男性の場合、スーツまたはジャケットにYシャツ、(ネクタイ)、革靴。

女性の場合、ワンピースまたはスーツにブラウス、ハイヒール、必要に応じてアクセサリー、という感じです。

あまり露出の多い服装(極端にスカートが短い、ショートパンツ、ノースリーブのワンピースなど)やカジュアルすぎる服装(Gパンやスニーカーなど)、派手過ぎる服装などは避けましょう。

ノースリーブのワンピースの場合、ジャケットやおしゃれなカーディガンがあると便利です。

アクセサリーはパールや金、銀などシンプルなものが無難でしょう。

周りのお客さんの雰囲気とあっていればいいので、ファッショナブルな最新のレストランなどでは、ブーツを履いたり、多少カラフルな服装を着たりしても、大丈夫です。

スーツケースなどで運ぶため、なるべくしわにならない素材がおすすめです。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: