ロレーヌってどこ?どんなところ?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
ロレーヌ地方とは、フランスの北東部に位置し、ベルギーやルクセンブルク、ドイツと国境を接する地域です。
ロレーヌ地方の主な都市は、ナンシーとメッスです。

ナンシーはロココ芸術とアールヌーボー運動の町で、スタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場が世界遺産に選ばれています。スタニスラス広場は、ルイ15世の義理の父であり元ポーランド国王だったスタニスラス・レスチンスキーが、エマニュエル・エレに依頼して完成しました。

ナンシー派美術館は、アールヌーボー運動のナンシー派の中心人物だったエミール・ガレなどの工芸品が展示された美術館です。他にも、ドーム兄弟の工芸品が展示されたナンシー美術館、ジョルジュ・ラ・トゥールの作品を見ることのできるロレーヌ博物館などがあります。ナンシー商工会議所などアールヌーヴォー建築を見て回るのもおすすめ。

メッスは、坂茂氏が手がけたポンピドゥー・センター・メッスがあることで特に知られています。他にも、サンテティエンヌ大聖堂のシャガールのステンドグラスやサン・マキシマン教会のジャン・コクトーによるステンドグラスも見どころです。

バカラの本社やクリスタル美術館があるバカラ村も、ロレーヌ地方にあります。

名産は、ボンボン・ベルガモット、ナンシーのマカロン、名物は、キッシュ・ロレーヌ、ババ・オー・ラムなどです。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: