日本から持ってきたカメラ、フランスで充電できる?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
日本で購入したデジタルカメラは、フランスで充電することができます。

ただし、プラグ(コンセント)はフランスに合わせたものを使う必要があります。

日本の場合Aで、フランスのプラグはCかSEを使用しているからです。日本のカメラの充電器をそのまま持ち込んでも、コンセントに繋ぐことができません。

フランスで使うCタイプの変換プラグは、下記のものが代表的です。これを、日本のプラグに付け足して利用します。

日章工業 海外 変換 プラグ セット C タイプ L-03
  • 日章工業(NISSYO INDUSTRY)
  • 価格 ¥ 463 ¥ 638
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐ購入

いろんな国に今後行く予定があるならば、全ての国のプラグに対応したマルチタイプを購入すると良いかもしれません。
最近は、スマートフォンやタブレット、デジカメなど充電が必要な電子機器を複数持っていくケースが多いため、変換プラグがセットになった変圧機能付きのマルチタップも便利です。

カメラがフランスで使えるか確認する方法

フランスの電圧は220~230Vで日本は100Vです。
カメラ用の充電器やACアダプターに入力(INPUT)100~240Vと書かれていれば、変圧器を使用することなく、フランスでも使用することができます。

今販売されているカメラの充電器やACアダプターはほぼ100~240Vに対応していますが、万が一違うと危ないので(発火の可能性も)、旅行に出る前に必ずチェックしましょう。

もし、古いタイプの携帯電話や、フランスの電圧に対応していないスマートフォンを使う場合は、変圧器が必要です。
変圧器には、ダウントランス、アップトランス、両方に使えるものがあります。日本製品を海外で使用する場合、通常はダウントランスを使います。ダウントランスは220~230Vを100Vに下げる機能です。

もし、カメラの充電が1日持たず困る場合は、電池式の携帯用充電器も持参すると良いかもしれません。バックに入れておけば、一日中外出するときも安心です。

パナソニック 急速充電器 単3形・単4形 BQ-CC57
  • パナソニック(Panasonic)
  • 価格 ¥ 5,880
  • 販売者 パッション電気
今すぐ購入

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。お問い合わせ