日本のドライヤーはフランスで充電できる?

旅行前に知っておきたい、フランスについての質問
海外対応用のドライヤーのみ使用可能です。海外対応ドライヤーを持っていない方は、日本で購入可能です。海外専用のものと、国内・海外の両方で使えるものがあります。

また、ドライヤーに変換プラグが付いていない場合は、別途変換プラグの購入が必要です。プラグ(コンセント)は日本の場合Aで、フランスのプラグはCかSEを使用しているため、日本のものはコンセントに差し込むことができません。

いろんな国に今後行く予定があるならば、全ての国のプラグに対応したマルチタイプを購入すると良いかもしれません。

ドライヤーを使うときの注意

フランスの電圧は220~230Vで日本は100Vです。
海外対応用のドライヤーには、電圧の切り換えスイッチがついています。海外で使用する時には、スイッチの切り替えを忘れずに行ってください。切り替えをしないと、発火のおそれもあります。ドライヤーによっては、最初から電圧が海外用に切り替わっているケースも。詳細は製品のマニュアルでチェックしてください。

ドライヤーは消費電力が1000W以上と、スマートフォン(10W)やデジタルカメラ(20W)などに比べ、かなり電気を使います。そのため、対応する変圧器は見つかりにくいか、かなり高額です。ですので、日本専用のドライヤーを持っていくことはおすすめしません。

通常、ドライヤーは洗面所で使うケースが多いかもしれません。しかし、ホテルによっては、コンセントがシェーバー専用になっているケースもありますし、水場で使うのは危険です。なるべく、部屋で使用するようにしてください。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。