日本での購入がお得!モンサンミッシェル行きの電車(TGV)とバスの購入方法

個人で行く、パリからモン・サン・ミシェル。電車とバスの予約方法をパリ在住者が説明します。

フランスの人気観光名所、モンサンミッシェル。パリから個人で行く場合は、電車とバスを使って行くことになります。

パリからモンサンミッシェル までは、レンヌでの待ち時間を入れると3時間は見ておいたほうがいいです

パリからモンサンミッシェル までは、レンヌでの待ち時間を入れると3時間は見ておいたほうがいいです

パリ中心部にあるモンパルナス駅からレンヌというフランスの地方都市まではTGVという特急電車(全席指定)で行き、そのあとはバスでモンサンミッシェルの目の前まで行けるのですが、この鉄道+バスのチケットはまとめて日本で購入できることをご存知ですか。

TGVの乗車チケットは航空券と同じで、使用日に近づけば近づくほど価格が高くなります。その逆で、早めに予約すれば最安値チケットが手に入ることが多いです。乗車チケットは利用日の90日前から予約できるため、モンサンミッシェルに行く日が決まったらできるだけ早めに予約してください。

パリとディジョンを結ぶ高速鉄道TGVのチケットは、日本語で予約できます。

パリからモンサンミッシェルまでの鉄道とバスのチケットをまとめて日本語で予約できます。

以下で、チケットの購入方法を画面別に説明しています。

レイルヨーロッパ公式サイトで、利用日と乗車予定時間を入力し、検索

モンサンミッシェル行きのTGV+バスのチケットは、レイルヨーロッパ公式サイトより日本語で予約できます。レイルヨーロッパはヨーロッパ全域の鉄道チケットを販売するサイトで、フランス全域で使えるフランスパスなどのお得なチケットもここで買うことができます。

まずレイルヨーロッパ公式サイトに行き、行き先と日程・時間帯を入力します。

パリ、モン・サン・ミッシェルとカタカナで入力。片道か往復かもここで選びます。

パリ、モン・サン・ミッシェルとカタカナで入力。片道か往復かもここで選びます。

「チケット検索」をクリックすると、その時間帯に乗車可能なTGV+バスの組み合わせと金額が表示されます。

パリからモンサンミッシェルまでの鉄道とバスの乗車チケットをまとめて予約する方法

金額をクリックすると、詳細が表示されます。乗り換えに余裕を持ったバスのスケジュールが自動的に選択されるので安心してください。

往復で購入する場合、まずは行きの便を選び、次に帰りの便を選択します。

パリからモンサンミッシェルまでの鉄道とバスの乗車チケットをまとめて予約する方法

次に、モンサンミッシェル からパリに戻るバス+鉄道の組み合わせを選択します。

往路・復路ともに選択した後は、次の画面で乗車する人の情報を入力します。氏名は、当日パスポートと一緒にチェックされる可能性があるので、パスポートを同じ名前をローマ字入力してください。

パリからモンサンミッシェルまでの鉄道とバスの乗車チケットをまとめて予約する方法

予約者情報はパスポートと同じ情報を正確に入力します。

チケットの発券方法を「電子チケット(TOD)」にして購入

次に、チケットの発行方法を選択します。この時に、必ず「電子チケット(TOD)」を選択してください。モンサンミッシェル行きの鉄道+バスの組み合わせは、フランス国内で発行する必要があるからです。

パリからモンサンミッシェルまでの鉄道とバスの乗車チケットをまとめて予約する方法

左側の「電子チケット(TOD)を選択します。

最後に、メールアドレスなどの氏名以外の個人情報と、支払いのクレジットカード情報を入力して、購入完了です。

パリからモンサンミッシェルまでの鉄道とバスの乗車チケットをまとめて予約する方法

最後にクレジットカードで支払います。

購入完了後に、登録したメールアドレスに購入控えが送られますが、ここに6桁の予約番号が記載されます。この予約番号はフランスでの発券に必要となるので、必ず印刷するかスクリーンショットを取るなどしてください

乗車当日、パリのモンパルナス駅またはレンヌ駅で往復のチケットを発券

いよいよモンサンミッシェルに行く日がやってきました!乗車当日は少し早めにモンパルナス駅(パリ中心部にあり、地下鉄41213号線が使えます)に行き(前日でも構いません)、駅の各所にあるこのような発券機を探してください。

自動券売機は、フランスの国鉄のホーム近くのほか、至る場所にあります。混んでいる場合は、他の券売機も探してみてください。

券売機は、ホーム近辺や出入り口付近など、複数の場所にあるので、他の人が利用中でも焦らなくて大丈夫です。

ここで、画面の左下にあるメニュー「Collect a booking(チケット発行)」を選択してください。その後、あらかじめレイルヨーロッパより伝えられた6桁の予約番号を入力します。

Collect a bookingを選択し、予約番号を入力します。

Collect a bookingを選択し、予約番号を入力します。

番号を確定すると、紙のチケットが発行されます。この時、往復分のチケットを購入した方は、必ず帰りのチケットも一緒に発券してください

最終目的地であるモンサンミッシェルのバス停には発券機が無いので、帰りの分のチケットは、パリのモンパルナス駅またはレンヌ駅のどちらかで事前に発券しておく必要があります。

発行後は、そのままTGVの乗り場ホームに向かいます。改札は無く、自分の乗る車両の前にTGVの制服を来た人が立っているので、その人にチケットを見せてから乗車します。

出発後しばらくすると、TGVの制服を来た人がチケットのチェックに来るので、パスポートと一緒に印刷したチケットを見せてください。

レンヌ駅での電車~バス乗継時の注意点

レンヌ駅まできたら、後はバスへの乗り換えのみ。TGVを降りてからバスターミナルまで行く時間は、10~15分見ておいたほうがいいでしょう。

電車からバスへの乗り換え時に必ず済ませておきたいのが、トイレです(この後1時間もバスに乗るので)。
TGVの列車内か、レンヌ鉄道駅またはバスターミナルにはトイレがありますが、
駅のトイレは有料(40セント)なのと混み合っている場合があるので、
できればTGV車内でトイレを済ませておくことをおすすめします。

また、ストライキやダイヤの乱れでTGVが遅れることがあります。
そのため、予定するバスに乗れないかもと不安になってしまいますが、
モンサンミッシェル行きのバスは、TGVの到着を待ってから出発するので安心してください。
運転手さんはTGVからやってくる人の流れをみて判断するので、その場合でも
あまり他の人より遅れすぎないほうがいいです。

バスのチケットは、モンパルナス駅またはレンヌ駅で発券したものをバスの運転手さんに見せるだけです。
スマホの予約控えなどは認められないので、必ず発券したものを見せてください。
もし紛失してしまった場合は、もう一度車内で料金を払うことになります(現金またはクレジットカードでの支払い可能)。

最後に

レンヌ経由でモンサンミッシェルに一泊二日で行く場合、どこに泊まるかは大いに悩むところです。
レンヌも素敵な街ですし、いいホテルがたくさんあるのですが
やはり宿泊はモンサンミッシェルをお勧めします!

何よりも、朝と夜の、他の(日帰りの)観光客がいないモンサンミッシェルを独り占めできるのは、モンサンミッシェルに宿泊した人だけの特権だからです。

以下に、現在セール中のモンサンミシェル(島周辺も含む)のホテルのリストを掲載しました。島周辺のホテルを選ぶときは、ぜひモンサンミッシェルが窓から見える部屋を選んで予約してください。



Booking.com

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: