バルザックが絶賛した城

アゼール・リドー城

Château d'azay-Le-Rideau
パリからアゼール・リドー城への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. 女性らしさが感じられる可憐な城
  2. 19世紀のくらしを再現したビヤンクールの間
  3. 時間があったら、イギリス庭園も散策してみましょう
中世の要塞を、城主であるトゥール市長だったジル・ベルトロの妻(フィリッパ・レバイ)が、16世紀はじめ(1518~1527年)にフランスの建築様式とイタリアの装飾を組み合わせ改造しました。ジル・ベルトロは収賄容疑で逃亡したためこの城に住むことはできず、その後、王に没収されました。

バルザックが小説「谷間の百合」の中で褒め称えたことで知られています。規模は小さめですが、初期フランス・ルネサンス様式の傑作の一つ。1階のビヤンクールの間には19世紀当時の城主の暮らしが再現され、2階には16~17世紀の美術品が展示されています。アンドル川のほとりに建ち、水面に映る姿も素敵です。

Access

アクセス
パリの国鉄(SNCF)を解説

SNCF(フランス国鉄)アゼール・リドー駅(ガール・ダゼール・リドー)(Gare D’Azay-le-Rideau)下車(パリ・モンパルナス駅またはシャルル・ド・ゴール空港(TGV)から約2時間20分。
サン・ピエール・デ・コープ駅(ガール・ドゥ・サン・ピエール・デ・コープ (Tours・トゥール))(Gare de Saint-Pierre-des-Corps)でNavetteに乗り換え→トゥール駅(ガール・ドゥ・トゥール)(Gare de Tours)でTERに乗り換え。)

地図アプリで見る

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
2017年のスケジュール
・1月1日~3月31日:10:00~17:15
・4月1日~6月30日:9:30~18:00
・7月1日~7月 6日:9:30~19:00
・7月7日~8月27日:9:30~23:00
・8月28日~8月31日:9:30~19:00
・9月1日~9月30日:9:30~18:00
・10月1日~12月31日:10:00~17:15

開館日

休館日:
1月1日、5月1日、12月25日

入場料

入場料:
大人:10€ 割引料金:8€ 18歳未満:無料
11月~3月の第1日曜日はすべての人が無料

おすすめ情報
19世紀に造られたイギリス庭園もあります。大広間にはフランソワ1世の紋章・サラマンダーが彫られた暖炉が。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: