今も城主一家が暮らす古典様式の城

シュヴェルニー城

Château de Cheverny
パリからシュヴェルニー城への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. 金箔装飾が施された内装が見事
  2. 猟犬が飼われる犬舎もあります
  3. 漫画「タンタン」に登場する城のモデルです
1634年、シュヴェルニー伯爵アンリ・ド・ユローが約30年の歳月をかけて造った、左右対称の姿が美しいと評判の古典様式の城です。アンリ4世が使った王の寝室の天蓋つきベッドは、1550年に造られました。17世紀の画家ジャン・モニエによる装飾が美しい食堂や15~16世紀の武具が置かれた部屋も。

漫画「タンタン」に登場する城のモデルで、城内には「タンタン」に関する展示もあります。猟犬が70匹飼われる犬舎も。また、城内では城主一家が暮らしているため、一部のみ公開されています。第2次世界大戦中、ルーブル美術館の「モナリザ」を避難させた城としても有名です。

Access

アクセス
パリの路線バスを解説

*郊外にあり公共交通機関で行くのは難しいため、上記のような古城めぐりツアーへの参加をおすすめします。

4月~9月の限定日に、SNCF(フランス国鉄)ブロワ-シャンボール駅→ブロワ城→シャンボール城→シュヴェルニー城→ブロワ城→SNCF(フランス国鉄)ブロワ-シャンボール駅などを回るバス(NAVETTE CHÂTEAUX)あり。

パリの国鉄(SNCF)を解説

SNCF(フランス国鉄)ブロワ-シャンボール駅(ガール・ドゥ・ブロワ-シャンボール)(Gare SNCF de Blois – Chambord)下車(パリ・オステルリッツ駅から約1時間30分。本数は少なく、オルレアン駅で乗継ぎが多い)

地図アプリで見る

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
・1月1日~3月31日:10:00~17:00
・4月1日~9月30日:9:15~18:30
・10月1日~12月31日:10:00~17:00

開館日

休館日:
なし

入場料

入場料:
大人:11.5€(シュヴェルニー城+庭園) 7歳~14歳:8.2€ 25歳までの学生:8.2€ 7歳未満:無料

パリからシュヴェルニー城への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
パリからシュヴェルニー城への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
おすすめ情報
シュヴェルニー城は、パリのリュクサンブール宮殿のモデルになったと言われています。シュヴェルニー城に使われているブーレ石は、時を経るほど白くなる石材です。2階部分の窓と窓の間には、ローマ皇帝の彫像が並んでいます。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: