800年の歴史を持つ城

フォンテーヌブロー城

Château de Fontainebleau
Points
  1. 多くの建築様式を見ることができます
  2. ナポレオンの博物館があります
  3. フォンテーヌブロー派の発祥地
パリの南東・フォンテーヌブローにある、もともと王族の狩猟地だった場所に建つ、中世から第2帝政期までの建築様式が見られる城です。1981年、世界遺産に登録されました。三位一体礼拝堂ではナポレオン3世の結婚式が開かれ、ナポレオン1世博物館には、ナポレオンの愛用品が展示されています。

ロッソ・フィオレンティーノのフレスコ画が飾られた、長さ約60mのフランソワ1世の回廊、華麗なルネサンス装飾を見ることのできる舞踏会の広間、歴代の王妃や皇后の寝室だった皇后の間、歴代の王が狩りを楽しんだ森、カトリーヌ・ド・メディシスが造らせた庭園など見どころいっぱい。

Access

アクセス
パリの路線バスを解説

フォンテーヌブロー・アヴォン駅からライン1(ligne 1)レ・リラ(Les Lilas)行きのバスに乗車し、約15分。フォンテーヌブロー城(シャトー・ドゥ・フォンテーヌブロー)(CHATEAU DE FONTAINEBLEAU)下車。

パリの国鉄(SNCF)を解説

SNCF (フランス国鉄)フォンテーヌブロー・アヴォン駅(ガール・フォンテーヌブロー・アヴォン)(Gare Fontainebleau Avon)下車(パリ・リヨン駅からトランシリアン(Transilien)R線で約40分)

地図アプリで見る

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
フォンテーヌブロー城
・10月~3月:9:30~17:00 (最終入場:16:15)
・4月~9月:9:30~18:00 (最終入場:17:15)

舞踏会の広間
・10月~3月:~16:00
・4月~9月:~17:00
教皇のアパルトマンや中国博物館は、11:30~14:30は休憩時間

開館日

休館日:
火曜日、1月1日、5月1日、12月25日

入場料

入場料:
大人:11€ 18歳~25歳:9€
閉館1時間前のチケット:7€
*18歳未満:無料
*パリ・シティパスポートicon(パリの60以上の美術館が無料になるパスポート)を購入した方:無料
*9月~6月の第1日曜日はすべての人が無料

おすすめ情報
この城で「フォンテーヌブロー派」の芸術は育ちました。フォンテーヌブロー派の代表作「ガブリエル・デストレとその妹」はルーブル美術館に展示されています。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: