レオナルド・ダ・ヴィンチの墓碑があります

アンボワーズ城

Château Royal d'Amboise
Points
  1. ロワール川を一望できる塔があります
  2. 歴代の王に愛された居城
  3. ギーズ公による虐殺があった場所です
シャルル7世が依頼し、シャルル8世が完成させた城で、現在も残るのはミニームの塔と王宮の一部のみです。らせん状の斜路がある、ミニームの塔の屋上からはロワールの景色をのぞむことができます。

王宮の内、ロワール沿い側の建物はシャルル8世造営のゴシック様式、奥側はルイ12世とフランソワ1世が増築したルネサンス様式です。復元されたベッドがある、アンリ2世の寝室も公開されています。また、聖ユベール礼拝堂には、レオナルド・ダ・ヴィンチの墓碑がありますよ。

Access

アクセス
パリの路線バスを解説

*公共交通機関で行くのはかなり不便です。上記のような古城ツアーへの参加を強くおすすめします。

トゥール、サン・ピエール・デ・コープからバスあり(フィル・ヴェール Fil Vert。シュノンソー城に行くバスもあり)

パリの国鉄(SNCF)を解説

SNCF(フランス国鉄)アンボワーズ駅(ガール・ダンボワーズ)(Gare D’Amboise)下車(パリ・モンパルナス駅またはシャルル・ド・ゴール空港(TGV)から約1時間20分。サン・ピエール・デ・コープ駅(ガール・ドゥ・サン・ピエール・デ・コープ (Tours・トゥール))(Gare de Saint-Pierre-des-Corps)でTERに乗り換え。または、パリ・オステルリッツ駅から直通で約2時間)

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:

・1月:9:00~12:30、14:00~16:45
・2月:9:00~12:30、13:30~17:00
・3月:9:00~17:30
・4月~6月:9:00~18:30
・7月~8月:9:00~19:00
・9月~11月1日:9:00~18:00
・11月2日~11月15日:9:00~17:30
・11月16日~12月24日:9:00~12:30、14:00~16:45
・12月26日~12月31日:9:00~16:45
(チケット売場は閉館30分前まで)

開館日

休館日:
1月1日、12月25日

入場料

入場料:
大人:11.7 €  学生:10 € 7歳~18歳 7.8 € 7歳未満:無料

おすすめ情報
会議の間の柱に彫られたユリの彫刻は、フランスの王章です。牢獄として使用された時期もあります。フランソワ2世の時代に、ギーズ公による新教徒の虐殺事件があった場所としても知られています。

フランソワ1世が育った城で、フランソワ1世がイタリアから招いたレオナルド・ダ・ヴィンチが住んだクロ・リュセ城までは、徒歩約10分です。

リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: