フランス国内の建築模型が集合

建築・文化財博物館

Cité de l'architecture & du patrimoine
建築・文化財博物館への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. 古い建築や彫刻が近くで見られる
  2. ル・コルビュジェの集合住宅も
  3. エッフェル塔の眺めも美しい
シャイヨ宮の東翼にある、建築に特化した博物館です。2007年、シネマテークが移転したことで、約10000㎡の展示スペースを持つようになりました。

1階にはフランス各地にある12世紀から18世紀までの60ヶ所の建築や350点の彫刻の複製など。それ以外に、12世紀~16世紀にかけての壁画の複製やステンドグラスの複製もあります。遠くてなかなか見に行くことができない建築を一挙に見られるチャンスです。

Access

アクセス
パリのメトロ

6号線9号線  トロカデロ(Trocadéro)駅下車

RER駅から

C線  シャン・ドゥ・マルス-トゥール・エッフェル(Champ de Mars-Tour Eiffel)駅下車

パリの路線バスを解説

22トロカデロ(Trocadéro)下車
30トロカデロ(Trocadéro)下車
63ジョルジュ・マンデル-トロカデル(Georges Mandel – Trocadero)下車
82イエナ(Iéna)下車

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
・水曜日、金曜日~日曜日 11:00~19:00
・木曜日 11:00~21:00
・12月24日、12月31日 11:00~17:00
(最終入場は閉館時間の45分前)

開館日

休館日:
月曜日、火曜日、1月1日、5月1日、12月25日

入場料

入場料:
大人:8 €(常設のみ)
*18歳未満:無料
*パリ・シティパスポートicon(パリの60以上の美術館が無料になるパスポート)を購入した方:無料
*第1日曜日はすべての人が無料

おすすめ情報
2階には、ル・コルビュジェによるマルセイユの共同住宅・ユニテ・ダビタシオンアパートの実物大模型が。企画展も開催されています。2階では撮影することはできません。エッフェル塔の隠れビューポイントでもあります。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: