マリー・アントワネットが収監された牢獄

コンシェルジュリ

Conciergerie
コンシェルジュリ(パリ・シテ島)への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. マリー・アントワネットの様子を再現した部屋があります
  2. 以前は、城として使われていました
  3. パリ最古の時計塔があります
シテ島に14世紀、フィリップ4世が建てた城で、フランス革命時は牢獄として使われていました。現在はパレ・ド・ジュスティス(司法宮・最高裁判所)の一部となっています。王妃マリー・アントワネットや革命家ロベスピエールやダントンも処刑される前に収監されました。王妃の独房を再現した部屋には、マリー・アントワネットのろう人形も置かれています。

Access

アクセス
パリのメトロ

4号線 サン・ミッシェル(Saint-Michel)、シテ(Cité)駅下車
1号線7号線11号線14号線シャトレ(Châtelet)駅下車

RER駅から

A線・D線 シャトレ-レ・アル(Châtelet – Les Halles)駅下車
B線 サン・ミッシェル-ノートルダム(Saint-Michel – Notre-Dame)駅下車
C線 サン・ミッシェル(Saint-Michel)駅下車

パリの路線バスを解説

21・38・47・85・96シテ-パレ・ドゥ・ジュスティス(Cité – Palais de Justice)下車
24・27サン・ミッシェル(Saint-Michel)下車
38・67・69・70・72・74・75・76・96シャトレ(Châtelet)下車

Information

時間と料金
オープン時間

入場可能時間:
・月曜日~日曜日 9:30~18:00
(最終入場は閉館30分前)

開館日

休館日
1月1日、5月1日、12月25日

入場料

入場料:
大人:9€ (オンライン購入の場合、10€)
18歳~25歳:7€(オンライン販売なし)
*18歳未満:無料
*パリ・シティパスポートicon(パリの60以上の美術館が無料になるパスポート)を購入した方:無料
*11月~3月の第1日曜日はすべての人が無料

サント・シャペルとの共通チケット
大人:15€ (オンライン購入の場合、16€)
18歳~25歳:12,5€(オンライン販売なし)

おすすめ情報
実際にマリー・アントワネットが収監されていた部屋は床は当時のままで、娘のマリー・テレーズが礼拝堂に改装しました。ゴシック様式の14世紀の衛兵の間や囚人の間、牢獄時代の資料も展示されています。1370年ころ建てられた時計の塔は、パリで最初の時計塔です。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: