カルティエ発祥の地で出逢えるフランスの真髄

カルティエ現代美術財団

Fondation Cartier pour l'art contemporain
カルティエ美術館への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. 高級ブランド「カルティエ」が1984年に設立した美術財団
  2. 伝統的なアートの枠組みを超えた斬新な芸術作品を展示
  3. フランスやパリにちなんだ作品が多く、ここでしか見られないアートに出会える
1994年にオープンした、ジュエリー・ブランドであるカルティエ本社ビル内にある美術館です。ガラス張りの建築は、アラブ世界研究所で有名なジャン・ヌーヴェル設計。年に数回、1人の作家をテーマにした現代アートを中心とした企画展を開催しています。

Access

アクセス
パリのメトロ

4号線6号線 ラスパイユ駅(Raspail)またはダン・フェール・ロシュロー駅(Denfert-Rochereau)下車

RER駅から

B号線 ダン・フェール・ロシュロー駅(Denfert-Rochereau)下車

パリの路線バスを解説

38・68 ラスパイユ(Raspail)下車

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間
水曜日〜日曜日: 11:00~20:00
火曜日のみ: 11:00~22:00

開館日

休館日
毎週月曜日、1月1日、12月25日

入場料

料金
大人:10,5€ (オンライン購入の場合、12€)
25歳未満・学生:7€ (オンライン購入の場合、8,5€)
13歳未満および18歳未満(水曜日のみ):無料(ノマディック・ナイト・Nomadic Nightsを除く)

おすすめ情報
映画監督や音楽家の別の側面を引き出すような展示が行われることも多いです。2010年には北野武の絵画を中心とした展示も開催されました。他にも、日本人アーティストの展覧会が数々開催されています。美術館の周りは階段状の庭園になっていて、コンサートなどのイベントが行われることも。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: