ルイ・ヴィトンの特別な美術館

ルイ・ヴィトン財団美術館

Fondation Louis Vuitton
ルイ・ヴィトン美術館への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. 斬新な建物に目がくぎ付け
  2. ルイ・ヴィトンが選んださまざまな現代アートにふれる
  3. 限定グッズも売ってます
ファッション・ブランド、ルイ・ヴィトンによる現代アートを中心に展示する美術館です。2014年、ブローニュの森のアクリマタシオン庭園の敷地にオープンしました。フランク・ゲイリーによる、帆船のような建物も話題。

ルイ・ヴィトンのコレクションと美術館のためにアーティストが制作した作品、11のギャラリーからなる施設です。地下1階には、オラファー・エリアソンの作品を常設展示。館内のレストラン・ル・フランクには、フランク・ゲイリーデザインの魚がぶらさがっています。

Access

アクセス
パリのメトロ

1号線  レ・サブロン(Les Sablons)駅下車

RER駅から

C線  アベニュー・フォッシュ(Avenue Foch)駅下車

パリの路線バスを解説

244フォンダシオン・ルイ・ヴィトン(Fondation L. Vuitton)下車(週末・祝日のみ)
244ジャルダン・ダクリマタシオン(Jardin d’Acclimatation)下車
43・93モーリス・バレス(Maurice Barres)下車

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
・月曜日~火曜日、木曜日 12:00~19:00
・金曜日 12:00~21:00(第1金曜日は23:00)
・土曜日・日曜日 11:00~20:00(7月14日も11:00~20:00)

開館日

休館日:
火曜日

入場料

入場料:
大人14€
26歳以下の学生10€(国際学生証を提示)
18歳以下5€(身分証を提示)
3歳以下無料
家族料金32€(大人2人+18歳以下のお子様4人まで)

 

おすすめ情報
ミシュランで星をとったシェフによる料理も楽しみ。屋上のテラスからは、パリ市内の景色をのぞむこともできます。限定グッズをおみやげに買うのもいいかも。

パリには他にも、カルティエの美術館が中心部にあります。

リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: