パリからディズニーランドへの行き方は?所要時間は?

フランス、パリ近郊のディズニーランドについて

もっとも安く行けるRER(郊外鉄道)A線は実際どう?

ディズニーランドに行くならRER A線で

凱旋門、オペラ座、シャトレ駅などの主要な名所付近に駅があるRER A線

料  金:7.60ユーロ (パリ中心部のZone 1からディズニーランドがあるZone 5への大人片道料金。9才以下の子供は半額)
乗車時間:約45分(パリ市内からの平均)
運行頻度:時間帯にもよるが、10分〜30分毎
始発/最終:05時台 / 00時台
メリット:交通料金が安い
デメリット:ストライキの影響を受けやすい、治安が悪い(特にスリや置き引き)、現地でチケット購入の列に並ぶ必要がある

パリの中心部を通過する電車RER(エル・ウー・エル) A線を使ってディズニーランドに行くのは、パリのディズニー公式サイトでもおすすめされている方法です。

何と言っても、終着駅のマルヌ・ラ・ヴァレー・シェシー(MARNE LA VALLÉE CHESSY)からディズニーランドの入り口へは徒歩2分。A線は早朝から深夜まで運行しているため、思い立ったら気軽に行くことができるのも魅力です。

ですが最大のデメリットは、パリで多発するストライキによる電車運休の影響を受けやすいこと。ストライキは前日に公開されるのですが、パリでは他の日もフルに観光予定を入れているのに、前日に突然スケジュールの再調整は難しいですよね…。限られた時間の中で、確実にこの日!にディズニーに行きたい方は、下で紹介する車やバスでの送迎サービスの方が確実です。

現地在住者からのもう一つのデメリットですが、RER A線のディズニーランド観光客を狙ったスリや置き引きも眼に余るものがあります。ディズニー帰りなのは、持ち物(お土産の袋)や服装からすぐにわかるもの。短期滞在の旅行者は警察への届けも諦めるケースが多いので、これ幸いと狙うスリの一味がいます。特に遅い時間のA線の車内は注意が必要です。

A線の乗り方や路線図については、下記をご覧ください。

パリ・RER(エル・ウー・エル)A線の主要駅と乗換ガイド
パリのRER(エル・ウー・エル)A号線は、パリ中心部をパリのメトロ1号線と平行に走る観光に便利な路線です。パリ中心部を移動するだけなら、メトロやバスとの共通チケット(1回券またはパ...

シャトルバスサービスを利用する

ディズニーランド・パリ行きのシャトルバス。パリ市内の複数のバス停を経由します

ディズニーランド・パリ行きのシャトルバス。パリ市内の複数のバス停を経由します

バスで行くならこれ、という定番中の定番は、ディズニーランドが公式に運営しているシャトルバス。一日1回、パリ市内の複数のバス停(パリ北駅、オペラ座前、シャトレ駅)からディズニーランドまでを直通で運行しています。

このバスを使えば、朝の10時から夜の21時までパーク滞在が可能。おまけにチケットも事前に選べるため、パリ・ディズニーランドにある二つのパークの1つまたは両方を選んでおけば、列に並ばずに事前にチケットが入手できます。

一日中アトラクションで楽しむも良し、パークから電車で20分の場所にあるパリ最大のアウトレットモールラ・ヴァレ・ヴィラージュ(La Vallee Village)でショッピングをするもよし、時間があっという間にすぎるので21時まで過ごしても足りないくらいです。

公式シャトルバスということもあり、世界中の観光客が利用します。そのため、行きたい日程が決まったらできるだけ早く予約してくださいね。

ちょっと贅沢に。自分達だけの貸切送迎チャーターを利用

最後に、小さいお子様がいる家族連れの方や、4人以上のグループで旅行する方、午前だけ/午後だけというように自分で時間を決めて行きたい方、そしてディズニーランドでたくさん買い物をする予定の方は、周りの人や荷物を気にしない貸切送迎チャーターがおすすめです。

宿泊ホテルからディズニーまで、ディズニーから宿泊ホテルまでの送迎を別々に予約できます。

この貸切チャーターのメリットは、パークからホテルまで送迎してくれるため、交通機関を使う必要が全く無いこと。その分料金はかかりますが、例えば行きは電車で、帰りだけこの送迎チャーターを利用すれば、荷物が多く、暗くなった帰り道でも安心してホテルまで戻ることができます。


以上、パリ・ディズニーランドに行くための方法でした。個人的には、ホテルがバスの停留所に近ければ、公式シャトルバスが便利でおすすめ。もし停留所が遠くて歩いたり乗り換えが必要な場合は、送迎チャーターがやはり便利です。日本の予約代行会社を通じて予約するので、何かあった時も日本語でやりとりできますし。

RER A線車内の様子。夜は駅周辺も閑散としています

RER A線車内の様子。夜は駅周辺も閑散としています

RER A線は、明るいうちに帰ってくるならおすすめです。郊外とパリを結ぶRER線は、深夜の駅周辺は治安がかなり悪くなるので、21時を超えるようならよほど駅近くのホテルに宿泊していない限りは、駅からタクシーに乗って帰ることも検討してください。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の作成日: