公園のイメージを覆す豪華さ

リュクサンブール公園

Le Jardin du Luxembourg
パリのリュクサンブール公園への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. パリ中心部にありながら、パリで最も広く、最も美しい公園として有名
  2. 公園には椅子やベンチが多く、市民の憩いの場として親しまれている
  3. ロダンやザッキンの彫刻のほか、フランス王室や芸術家たちの彫像も
公園はどの季節にいっても楽しめますが、木々や花が庭園を彩る春〜初秋の期間が特に美しいです。そんな自然の美しさと見事に調和しているのが、公園にある60体を超える彫像たち。ロダンやザッキンなどの有名な彫刻家の手によって作られたこれらの像は、見ていて美しいだけでなく、どれもフランスの歴史や文化にちなんだものなんです。

Access

アクセス
パリのメトロ

4号線10号線 オデオン(Odéon)駅下車

RER駅から

B号線 リュクサンブール(Luxembourg)駅下車

パリの路線バスを解説

21, 27, 38, 58, 82, 83, 84, 85, 89 リュクサンブール(Luxembourg)下車

Information

時間と料金
オープン時間

季節により異なる。開園は7:30 ~ 8:00の間、閉園は16:30 ~ 21:30の間

開館日

休業日
なし

入場料

入場料
無料

おすすめ情報

フランスの重要人物を彫刻で

公園の建設者であるアンリ4世の妻・マリー・ド・メディシスなど、かつてのフランス王族たちは噴水の周りのテラス。このほか、ボードレールやジョルジュ・サンドなどのフランスを代表する作家、詩人たちの姿や、ギリシアやローマの神々の像も並んでいます。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: