屋上に登れるの、知ってました?

凱旋門

L'Arc de Triomphe
凱旋門への行き方と見どころ、おすすめの過ごし方について
Points
  1. シャンゼリゼ通り西端のシャルル・ド・ゴール広場に立つ、ナポレオンの偉業を讃える門
  2. 屋上部分は展望台になっており、パリの街が一望できる
  3. 毎月第1日曜日は12ユーロの入場料が無料に。人混みを避けるなら朝一番がおすすめ
パリにある3つの凱旋門のうち、一番有名なのがこのエトワール凱旋門。他のカルーゼル凱旋門新凱旋門とは、直線を描くように建っています。

「門」という名前から誤解されがちですが、実は屋上に登れる展望台のほか、パリの歴史を見られる展示スペースも設けられています。

Access

アクセス
パリのメトロ

1号線2号線6号線 シャルル・ド・ゴール・エトワール駅(Charles de Gaulle – Étoile)下車(地下で凱旋門に直結)

RER駅から

A号線 シャルル・ド・ゴール・エトワール駅(Charles de Gaulle – Étoile)下車(地下で凱旋門に直結)

Information

時間と料金
オープン時間

1月2日から3月31日まで:10:00〜22:30
4月1日から9月30日まで:10:00〜23:00
10月1日から12月31日まで:10:00〜22:30

開館日

休業日
1月1日、5月1日、5月8日(午前)7月14日、11月11日(午前)12月25日

入場料

通常料金 :12ユーロ
*11月〜3月の第1日曜日は無料
*パリ・シティパスポートicon(パリの60以上の美術館が無料になるパスポート)を購入した方:無料

おすすめ情報
フランスプラス トップページ

凱旋門から広がる放射状の並木道がよくわかる一枚

上の地図を見てもわかりますが、パリ市内には、凱旋門を起点として放射状に走る12ほんの並木大通りが伸びています。19世紀のパリの都市計画によってできたもので、展望台から見下ろすと、その姿はまるで「エトワール(星)」のようであることから、この凱旋門が立つ広場が「エトワール広場」と名付けられました。

凱旋門があるエトワール広場は、車がぐるぐる行き交うロータリーとなっています。なんと一方通行5車線もあり、日本とは逆の右側走行です。常に混みあうこのポイントでは、パリっ子たちの鮮やかなハンドルさばきが見もの。信号がないため、歩行者は凱旋門へは地下通路を通って行きます。

凱旋門への行き方と見どころ、おすすめの過ごし方について

見上げても美しいアーチ

リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: