迫力ある彫刻に圧倒される

ブールデル美術館

Musée Bourdelle
ブールデル美術館への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. 弓を射るヘラクレスを見よう
  2. アトリエも見どころ
  3. 特別展が開催されることも
ロダンの弟子でジャコメッティの師匠である彫刻家ブールデルのアトリエ兼住居を使用した美術館です。ブールデルはこの場所に1884年(23歳)から1929年まで住んでいました。1949年にオープンし、彫刻は800点以上、絵画は200点以上、素描は1000点以上あります。代表作「弓を射るヘラクレス」、「ベートーヴェン」連作なども。当時のままのアトリエには「瀕死のケンタウロス」が展示されています。神話を題材にした、力強さを感じる彫刻がブールデル作品の特徴です。

Access

アクセス
パリのメトロ

4号線6号線12号線13号線  モンパルナス・ビヤンヴニュ(Montparnasse – Bienvenüe )駅下車
12号線  ファルギエール(Falguière)駅下車

RER駅から

B線  ポール・ロワイヤル(Port-Royal)駅下車

パリの路線バスを解説

96ガール・モンパルナス(モンパルナス駅)(Gare Montparnasse)下車
28・82・89・92メーヌ – ヴォージラール(Maine – Vaugirard)下車
82・91・92・95プラス・デュ・ディズユィット・ジュアン・ミル・ヌフサンキャラント(1940年6月18日広場)(Place du 18 Juin 1940)下車

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
火曜日~日曜日 10:00~18:00

開館日

休館日:
月曜日、一部祝日
(4月15日、5月25日、6月4日、7月14日、8月15日は開館)

入場料

入場料:
常設展は無料
企画展:大人:10€
18歳~26歳:7€
18歳未満:無料

 

 

おすすめ情報
ブールデル美術館に使われている赤レンガは、ブールデルの故郷・モントーバン製のものです。企画展が開催されることもあります。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: