ドノン館への行き方・開館時間・見どころについて

パリの美術館のおすすめ、行き方、見どころについて
Points
  1. 18世紀美術を中心としたコレクション
  2. レンブラントなど有名画家の作品も
  3. 常設展は入場無料です
コニャック・ジェイ美術館は1598年に建てられたドノン館にあります。サマリテーヌ・デパートの創業者・エルネスト・コニャックの収集品を展示した美術館です。コニャック・ジェイという名前は、コニャックと妻・マリー・ルイーズ・ジェイのジェイをとってつけられました。もともとデパートの美術館で展示していたのですが、デパートの閉店にともない、こちらに作品を移動しました。

Access

アクセス
パリのメトロ

1号線 サン・ポール(Saint-Paul )駅下車
8号線 シュマンヴェール(Chemin-Vert )駅下車
11号線ランビュトー(Rambuteau)駅下車

RER駅から

A線B線・D線シャトレ-レ・アル(Châtelet – Les Halles)駅下車

パリの路線バスを解説

29ペインヌ(Payenne)下車
96ヴォージュ広場(プラス・デ・ヴォージュ)(Place des Vosges)下車
69・76・96サン・ポール(Saint-Paul )下車
20・65サン・ジル – シュマンヴェール(Saint-Gilles – Chemin Vert)下車

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
・火曜日~日曜日 10:00~18:00
(チケット売場は閉館時間の30分前に終了)

開館日

休館日:
月曜日、一部祝日

入場料

入場料:
常設展示:無料
企画展:大人:6~8 € 18歳~26歳:4.5~6 €(要身分証明書) 18歳未満:無料
(展示内容により変動あり)

おすすめ情報
18世紀の油絵や彫刻、宝飾、磁器などが主です。レンブラントの「預言者バラムとロバ」やフラゴナールの「家畜小屋」以外に、グルーズの描いたかわいらしい子供の絵2枚も展示されています。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。