モンマルトルについて学ぶなら

モンマルトル博物館

Musée de Montmartre
モンマルトル美術館への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. 画家が暮らした家を使った博物館です
  2. ルノワールの絵をイメージした庭も
  3. モンマルトルにゆかりの画家の作品を展示
モンマルトルにある、ルノワールが住み、シュザンヌ・ヴァラドンと息子のユトリロが暮らしたアトリエだった建物を利用した博物館です。ユトリロはモンマルトルの風景を多く描いたことで知られています。ユトリロやロートレックなどモンマルトルに住んでいた画家の作品や「ムーラン・ルージュ」のポスター、「オ・ラパン・アジル」の看板の原画などを展示。カウンター・バーが再現されたコーナーもあります。

ルノワールの絵画をもとに造られた19世紀風の庭からは、ぶどう畑をのぞむことができます。現在モンマルトルで活動している画家の展示や企画展が開催されることも。

Access

アクセス
パリのメトロ

12号線  ラマルク・コーランクール (Lamarck-Caulaincourt)駅下車
2号線  アンヴェール(Anvers)、ピガール(Pigalle)駅下車

RER駅から

E線オスマン – サン・ラザール(Haussmann – Saint-Lazare)駅下車

パリの路線バスを解説

30・54ピガール(Pigalle)下車
80スクエア- コーランクール(Square Caulaincourt)下車
80クスティヌ-モンソニス(Custine – Mont-Cenis)下車
モンマルトルバス(Montmartrobus)

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
・4月~9月 10:00~19:00
・10月~3月 10:00~18:00
(最終入場は閉館45分前)

開館日

休館日
なし

入場料

入場料:
大人:9.5€~11€(内容によって変動)
学生(18~25歳):7.5€~9€
10~17歳:5.5€
10歳未満:無料
パリ・ミュージアム・パス利用の場合: 無料

おすすめ情報
モンマルトルにはスリやミサンガの押し売りをする人もいます。あまり気を抜かず、貴重品に気を付けましょう。わたしの場合、サクレ・クールを正面の階段から上がろうとして、広場にあった観覧車が可愛いので写真を撮ろうかな、と思ったら、ミサンガ売りに肩をつかまれました。

正面から上る場合、とりあえず階段までは脇目をふらずにに歩くか、または、フニクレールやフニクレールの左側にある階段から上ったほうがねらわれにくいです。

リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: