マイヨール美術館への行き方・開館時間・見どころについて

マイヨール美術館への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. マイヨールの造った女性の彫刻を見ることができる
  2. 彫刻以外に絵や陶芸なども
  3. 元オーナーの絵画コレクションも必見
18世紀に造られた彫刻家・エドム・ブーシャルドンの屋敷を使った美術館です。代表作「地中海」など、女性の裸体を題材とした優美な作品を得意とするアリスティド・マイヨールの彫刻が集められています。美術館には、彫刻作品の他、マイヨールの油絵・デッサン・陶器も収められています。

Access

アクセス
パリのメトロ

12号線  リュ・デュ・バック(Rue du Bac)駅下車

RER駅から

C線 オルセー美術館(ガール・デュ・ミュゼ・ドルセー / Gare du Musée d’Orsay)駅下車

パリの路線バスを解説

63・68・84リュ・デュ・バック- ルネ・シャール(Rue du Bac – René Char)下車
63・68・83・84・94ヴァレンヌ – ラスパイユ(Varenne – Raspail)下車
69グルネル -ベルシャッセ(Grenelle – Bellechasse)下車

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
・月曜日~木曜日、土曜日~日曜日 10:30~18:30
・金曜日 10:30~21:30
(特別展の開催期間)
(最終入場は閉館の30分前)

開館日

休館日:
特別展開催期間はなし

入場料

入場料:
大人:13€ 学生:11€  7歳~25歳:5€ 7歳未満:無料

 

おすすめ情報
マイヨールは絵画・タペストリーなどの制作を経て、40歳で彫刻家デビュー。この美術館はマイヨールの晩年のモデル、ディナ・ヴィエルニが造りました。かつてギャラリーを開いていたディナの集めたマティス、ゴーギャン、ドガ、デュフィなどのコレクションも見どころです。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。お問い合わせ