ピカソ美術館への行き方、開館情報、見どころについて

ピカソ美術館への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. 17世紀の館を改装して作られた美術館。ピカソの多くの作品が集結する
  2. 館内は約20の部屋があり、幼年期から晩年までのピカソの絵画、彫刻、デッサンを展示
  3. ピカソの死後、相続税の支払い代わりにパリ市に寄贈された
マレ地区にある、塩税の徴収人・ピエール・オベールが住んでいた邸宅を利用した、ピカソ作品を主に展示した美術館です。館内の家具は、アルベルト・ジャコメッティの弟・ディエゴ・ジャコメッティが制作しました。初期から晩年(青の時代から抽象絵画)まで5000点以上の収蔵品があります(絵画300点、彫刻250点、印刷物と版画3900点など)。

2014年にリニューアルされて、屋上のカフェや、ピカソの個人コレクション(マティスやセザンヌ、ドガなど)を展示する梁が見える屋根裏部屋のようなスペースができました。ピカソがアトリエで制作する様子を紹介するコーナーもあります。

Access

アクセス

Information

時間と料金
オープン時間

火曜〜金曜: 10:30~18:00
土曜・日曜 : 9:30~18:00

開館日

休館日
月曜日、1月1日、5月1日、12月25日

入場料

大人:12.50ユーロ
18歳未満:無料
第1日曜日はすべての人が無料
パリ・ミュージアム・パス利用の場合: 無料

おすすめ情報

ここでしか見られない、ピカソの「陶芸」作品たち

ピカソといえば絵画が有名ですが、実は彫刻も陶芸もできる多才な人。一時期陶芸に凝ったピカソは、何千もの作品を焼き上げました。それらの陶芸作品は第14室に展示されており、形だけでなく、表面を彩るピカソらしいかわいい絵柄も見どころの一つです。

リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。お問い合わせ