国立自然史博物館への行き方・開館時間・見どころについて

パリの美術館のおすすめ、行き方、見どころについて
Points
  1. 動物が行進しているような展示が有名
  2. 12の施設からなる博物館
  3. アンリ・ルソーの絵のモデルも
1626年、ルイ13世によって造られた薬用植物庭園が起源で、その後、1793年に国立自然史博物館になりました。12の施設からなります。1994年、建築家ポール・シュメトフとボルハ・ウイドブロ、舞台デザイナーのルネ・アリオが改修した進化大展示館が特に人気の施設です。広さ600㎡、4フロアからなり、動物の剥製が行進しているような迫力ある展示で知られています。

Access

アクセス
パリのメトロ

5号線10号線オステルリッツ駅(ガール・ドーステルリッツ)(Gare d’Austerlitz)下車
7号線サンスィエ・ドバントン(Censier Daubenton)駅下車
10号線 ジュシュー(Jussieu)駅下車

RER駅から

C線  オステルリッツ駅(ガール・ドーステルリッツ)(Gare d’Austerlitz)下車

パリの路線バスを解説

進化の大ギャラリー
47サンスィエ-ドバントン(Censier – Daubenton)下車
67・91サン・マルセル – ジャンヌダルク(Saint-Marcel – Jeanne d’Arc)下車
57・91サン・マルセル – ラ・ピティ(Saint-Marcel – la Pitié)下車
24・57・63・89・91オステルリッツ駅(ガール・ドーステルリッツ)(Gare d’Austerlitz)下車
24・63・89ジャルダン・デ・プラント(Jardin des Plantes)下車

比較解剖学と古生物学のギャラリー
24・57・63・89・91オステルリッツ駅(ガール・ドーステルリッツ)(Gare d’Austerlitz)下車
57・91サン・マルセル – ラ・ピティ(Saint-Marcel – la Pitié)下車
67・91サン・マルセル – ジャンヌダルク(Saint-Marcel – Jeanne d’Arc)下車

Information

時間と料金
オープン時間

開館時間:
進化の大ギャラリー(La Grande Galerie de lÉvolution)
・月曜日、水曜日~日曜日 10:00~18:00
(最終入場は閉館時間の45分前)

比較解剖学と古生物学のギャラリー(La galerie de Paléontologie et d’Anatomie comparée)
・月曜日、水曜日~日曜日 10:00~18:00
(土曜日、日曜日、祝日:4月1日~9月27日 10:00~18:00、9月28日~ 10:00~17:00)
(最終入場は閉館時間の45分前)

開館日

休館日:
進化の大ギャラリー
火曜日、1月1日、5月1日、12月25日

比較解剖学と古生物学のギャラリー
火曜日、1月1日、5月1日、12月25日

入場料

入場料:
進化の大ギャラリー
大人:9€ 4歳~25歳:7€  4歳未満:無料

比較解剖学と古生物学のギャラリー
大人:7€  4歳~25歳:5€  4歳未満:無料

おすすめ情報
アンリ・ルソーが「蛇使いの女」に描いた熱帯植物のある温室や動物園、昆虫館なども。巨大水晶やルイ14世の宝石コレクションがある鉱物館も見逃せません。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。お問い合わせ