初めてのパリ旅行、知っておきたいメトロの治安について

RER A線車内の様子。夜は駅周辺も閑散としています

日本と全然違う、パリ・メトロの治安

日本が世界一安全な国というのは、公共交通機関の中でも証明されています。網棚に大事なカバンをおいても、まず誰かに盗られることはない。電車の中で寝てしまっても強盗にあうこともない。ですがこの治安の良さ、世界的に見ても特別なんです。

その一方で、パリの公共交通機関の治安は決して良いとは言えません。特に最近では、観光客を相手にしたスリや詐欺の被害が急増しています。海外からの旅行者は現金を多く持っている、盗まれても(滞在期間が短いので)警察に届けにくいという面から、ターゲットとして狙われやすいのも事実です。

そこで、フランスプラス編集部が特に気をつけているポイントをまとめました。

バッグは手に持ち、体の前に持つ

スリに合わない一番効果的な方法は、バッグを自分の目の前に持つこと。ショルダーバッグならバッグ部分を体の前部分で手に持ち、リュックなら後ろから前に荷物が来るようにかけてください。

ショルダーバッグで被害が多いのが、バッグの肩紐をナイフで切られて持ち逃げされるタイプ。特に布製の細い肩紐は格好のターゲットになります。そのため、バッグの本体部分は必ず手に持ち、自分の目が届く前側に持ってください。

最近ではナイフでも傷がつきにくい素材でできたバッグも販売されています。このようなリュックタイプは旅行にとても便利ですが、公共交通機関では自分の体の前に抱えるようにして持ってください。

財布を出さない、バッグから見えないようにする

友達におごってもらったので、忘れないうちに電車の中でお金を返す、というケースにも要注意。現金を見せるのが危険なだけでなく、スリが一番狙っている財布を見せるのは「この財布を狙ってください」と言っているも同じ。財布は必要時以外は人前で見せないだけでなく、バッグもトートバッグなどの上から中身が覗けるものではなく、ジッパー付きで閉じられるバッグにしてください。

バッグと財布を繋げるチェーンも多く販売されています。

早朝・深夜はメトロを使わない

朝5時台から夜24時台まで運行しているメトロですが、人気の無い深夜・早朝はスリや強盗の被害も多いため、使わないことをおすすめします。特に23時以降なら、メトロ車内だけでなく駅周辺の治安も悪くなるため、できるだけ出歩かないこと。パリの夜景やナイトショーが見たい場合は、必ず送迎付きのプランがあるため、ホテルが賑やかな大通りなどにない方は必ず送迎を頼んでください。

席が空いているなら座る

スリが観光客を狙うのは、混んでいる車内で立っている時。見えないのをいいことに、かなり遠方から手を伸ばして人の隙間から財布を取るというケースも多いです。特に混んでいるときは、ちょっとくらいバッグが揺れても「誰かにぶつかったのかな」で済ませてしまいますが、それを利用して集団で取り囲む悪徳グループも存在します。メトロの席が空いていたら、できるだけ座るようにしてください。

メトロ1号線は要注意

ルーブル美術館コンコルド広場、シャンゼリゼ通り、凱旋門、などへの最寄り駅が並ぶメトロ1号線は、もっとも観光客が利用する路線として有名です。そのため、スリもこの路線を多く狙います。目的地を探して気を取られている間や、焦って乗り降りするときが特に狙われやすいです。どうしても混み合う路線のため、1号線では特に周りの人の挙動に気をつけてください。

券売機周辺での詐欺の手口

券売機周辺では、スリや置き引きだけでなく、言葉巧みにお金を出させようとする別の手口が存在します。一番多いのが、券売機に慣れていない旅行者を狙った「教えてあげる詐欺」。券売機の画面で迷っていると、「あ、私が助けますね」と勝手にボタンを押して発見してくれます。これだけならただのお節介な人ですが、この後で必ず「教えてあげたからお金をちょうだい」と言ってきます。親切を断れない人の心理につけこむ手口ですが、はっきりと「No」という事も大事です(お金目当てと悟られないよう、スーツ姿のいかにも紳士然とした人がこの手口を使っています)。

また、券売機周辺には、観光客を装い、「間違えてチケットを買っちゃった。もう使わないから、よかったら半額で買ってくれない?」と言ってくる人もいます。このようなチケットはもちろん期限切れのものですが、こちらに確認する隙を与えないよう急いでいる感じを出すのも彼らの手口です。

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: