一番歴史があるパッサージュ

パッサージュ・デュ・ケール

Passage du Caire
パッサージュ・デュ・ケールへの行き方とお勧めショップについて
Points
  1. ナポレオンに縁のあるパッサージュ
  2. バイヤーがたくさん訪れるパッサージュ
  3. マネキンに驚かされるかも
1798年に完成した、最古で長さも370mと最長のパッサージュ。ナポレオンの遠征にちなんで、エジプトのカイロからケールという名前がつけられました。入口にあるスフィンクスのような、エジプト神話の女神ハトホルの像が目印。

衣料関連の問屋があるためバイヤーが多く訪れますが、ふつうのお店はありません。ブティック用品としてマネキンが展示販売されているパッサージュ内は、なんとも言えない味があります。くもの巣のような形のガラス天井部分は一見の価値あり。

Access

アクセス
パリのメトロ

3号線  サンティエ(Sentier)駅下車

パリの路線バスを解説

20・39サンティエ(Sentier)下車
38・39・47ストラスブール-サンドニ(Strasbourg – Saint-Denis)下車

Information

時間と料金
オープン時間

営業時間:
・月曜日~金曜日 7:00~18:30

開館日

休業日:
土曜日、日曜日

おすすめ情報
パッサージュ・デュ・ケール隣りのケール通りには、手芸用品店サジューがあります。レトロなパッケージの手芸用品をおみやげにするのも良いかも。また、パッサージュ・デュ・ケールの出口近くには、各部屋を異なるアーティストがデザインしたホテル・エドガーがあります。オープンテラスがあるレストランでランチをとるのもいいかも。

パッサージュ・デュ・ケールの入口に面したサン・ドニ通りは、北に向かうほど日本で例えると歌舞伎町のような地域になります。夜は歩かないことをおすすめします。

リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: