一番高さのあるパッサージュ

パッサージュ・グラン・セール

Passage du Grand Cerf
パッサージュ・グラン・セールへの行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. ホテルを再利用した一味変わったパッサージュ
  2. 映画にも登場しました
  3. 個性的なおみやげが見つかるかも
1825年に造られた、約12mで一番高さがあるパッサージュです。長さは113m、幅3m。1991年、オリジナルにもとづき復元されました。グラン・セール(大鹿)という名前は、ホテルであったグラン・セール館を再利用して作られた建物であったため、その名がついたとか。ガラス屋根の近くに橋のようなものがかかっているのは、その名残りかもしれません。復元前には、映画「地下鉄のザジ」にも登場しています。アーティストや職人のショップがたくさんあるので、個性的なおみやげを探すのにぴったり。

Access

アクセス
パリのメトロ

4号線 エティエンヌ・マルセル(Étienne Marcel)駅下車

パリの路線バスを解説

29・38・47トゥルビーゴ-エティエンヌ・マルセル(Turbigo – Étienne Marcel)下車

Information

時間と料金
オープン時間

営業時間:
・月曜日~土曜日 8:30~20:30

開館日

休業日:
日曜日

おすすめ情報
パッサージュ内にあるエリック・エ・リディは、クリスチャン・ラクロワのコレクションにも作品を提供したアクセサリー作家のお店です。ラ・コルベイユには、ちょっとポップでかわいい雑貨が販売されています。入口近くには、ル・パッサージュ(Le Pas Sage )(日本語で”いたずらっ子”という意味)というおしゃれなワインバーもありますよ。

パッサージュ・グラン・セールの入口に面したサン・ドニ通りは、北に向かうほど日本で例えると歌舞伎町のような地域になります。夜は歩かないことをおすすめします。パッサージュ・グラン・セールの出口をそのまままっすぐ歩くと、各国の料理が楽しめるモントルグイユ通りに到着します。

リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: