パリで一番美しいと言われる橋

アレクサンドル3世橋

Pont Alexandre III
アレクサンドル3世橋への行き方と見どころ、周辺おすすめスポット
Points
  1. パリ万博のために造られた豪華な橋です
  2. 橋の上からエッフェル塔を眺めることもできます
  3. 映画「ミッドナイト・イン・パリ」にも登場しました
1900年、パリ万博のために造られた橋げたがないアーチ状の橋です。セーヌ川にかかる橋で一番美しいと言われ、アールヌーボー洋式の街灯や金色のペガサスの銅像が橋の上を飾っています。アレクサンドル3世橋は、パリ万博の展示会場だったグラン・パレプチ・パレアンヴァリッドを結んでいます。アレクサンドル3世橋という名前は、ロシア皇帝であったアレクサンドル3世の息子・ニコライ2世が寄贈したところからつきました。

Access

アクセス
パリのメトロ

8号線13号線アンヴァリッド(Invalides)駅下車

RER駅から

C線 アンヴァリッド(Invalides)駅下車

パリの路線バスを解説

63・83アンヴァリッド(Invalides)下車
72グラン・パレ(Grand Palais)下車
93ポン・デ・ザンヴァリット-プラス・デ・ファンランド(Pont des Invalides – Place de Finlande)下車

Information

時間と料金
オープン時間

通行可能時間:
24時間

おすすめ情報
アレクサンドル3世橋への行き方と見どころ、周辺おすすめスポット

アールヌーヴォー様式の街頭は、昼は詳細な部分まで、夜はライトアップした美しさを両方楽しめます。

映画「ミッドナイト・イン・パリ」では最後のシーンに使われました。セーヌ川の両岸には、優美な外側とは違った、アレクサンドル3世橋の意外な姿を下から見ることのできる通りもあります。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: