ホテルがオペラ座付近ならこのバス

ロワシーバス(Roissy Bus)で空港からパリ市内へ

Roissy Bus guide
パリ空港と市内を結ぶロワシーバスのルート、チケットの買い方、乗り方について

日本からの国際便が到着するシャルル・ド・ゴール空港からパリ市内までは約1時間。様々な行き方がありますが、もしオペラ座(パレ・ガルニエ)周辺のホテルに泊まるなら一番便利なのがこのロワシーバスです。チケットの買い方や乗り方、そして注意する点をまとめました。もちろん、最終日のパリ市内から空港までの移動にも使えます。

ロワシーバス(Roissy Bus)って?

シャルル・ド・ゴール空港からのシャトルバス・ロワシーバスについて

ロワシーバス(Roissybus)は、パリのメトロやRERを運営するRATPによる、空港とパリ市内を結ぶ公式シャトルバスです。パリ中心部のオペラ・ガルニエ行きの1路線のみで、空港から1時間ほどで到着します。

ロワシーバスのルートは?

ロワシーバスのルートはとてもシンプル。空港とパリ市内を、1本のルートで往復します。

ロワシーバスのルート(クリックで拡大されます)

ロワシーバスのルート(クリックで拡大されます)

注意したいのは、最終日にパリ中心部から空港まで行く場合です。上の図でもわかる通り、空港内はターミナル毎に停留所があるため、最初に到着する「T1」から最後の「T3」までは、15分〜30分くらいかかります。ターミナル間を結ぶ車線が少ないため、ちょっと車が増えると一気に渋滞してしまうからです。そのため、あなたの乗る飛行機のターミナルがT3(主に格安航空会社や、ヨーロッパの他の都市への近距離便が発着します)の場合は、遠いターミナルの場合は時間に余裕を見て1時間〜1時間半前にパリ市内を出るロワシーバスに乗るか、パリ市内から鉄道で行くことをおすすめします。

ロワシーバスはパリ市内のどこで降りる/乗るの?

ロワシーバスの停留所はパリではオペラ座(ガルニエ宮)前の一つだけです。Scribe通りとAuber通りが交差する角、オペラ広場からオペラ座を見たときの向かって左側にバス停があります。

オペラ広場からオペラ座を見たときの向かって左側にバス停があります。

飛行機のマークが目印。

オペラ座(ガルニエ宮)付近には多くのメトロの路線が乗り入れており、3号線7号線8号線9号線、そしてディズニーランド・パリ行きの鉄道(RER A線)への乗り換えが簡単にできます。

さらに、オペラ座とルーブル美術館を結ぶ道は、「オペラ通り」と呼ばれるパリで最も人気な大通りの一つです。日本人向けの観光案内所やショップだけでなく、モンサンミッシェル行きのツアーが出る旅行会社などもあり、ルーブル美術館パレ・ロワイヤルヴァンドーム広場オランジュリー美術館などは歩いて観光が可能。人通りも多く夜も安全なため、初めてのパリなら、ホテルをこの周辺にとるのが一番楽しめると思います。

オペラ座(ガルニエ宮)周辺ホテルを探す

ロワシーバスの運行・所要時間は?

運行時間 06:00-23:00
運行間隔 15-20分おき
となっています。

空港〜パリ市内までは、渋滞がなければ40分くらいで到着します。帰国の際は、あまりギリギリすぎると困るので、1時間程度を目安に考えることをおすすめします。

ロワシーバスのチケットはどこで買う?

ロワシーバスのチケットは事前予約不要で、乗る直前にバス乗り場にある自動券売機から直接購入します。料金は、1人11.5ユーロで、クレジットカードとコインのみ利用できます。自動販売機はVISAとMasterカードに対応していますが、JCBのクレジットカードは使えません(パリでは多くのショップでJCBカードが使えないことが多いです)。

ユーロの紙幣しか持っていない場合は、直接バスのドライバーからも購入できます。

他の行き方もチェック

シャルルドゴール空港からパリ中心部への行き方(予算・時間別)
シャルル・ド・ゴール空港から観光名所が集中するパリ中心部までは40分程度。バスや高速鉄道、タクシーなど様々な方法があります。留学経験者がおすすめの行き方や、バスの治安などについて解...

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。現地在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: