キリストの荊冠を安置するため造られた教会

サント・シャペル

Sainte-Chapelle
パリのサン・シャペル教会への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. ステンドグラスの美しさは必見
  2. 礼拝堂は2つにわかれています
  3. 夜はコンサートも開催されています
シテ島にある、パレ・ド・ジュスティス(司法宮・最高裁判所)の中庭にある教会です。ルイ9世がピエール・ドゥ・モントルイユに設計を依頼し、1248年に完成させたと言われています。後期ゴシックの教会で、下の階は普通の信者用礼拝堂、上の階は貴族や王族など上流階級用の礼拝堂になっています。

もともと「キリストの荊冠」を安置するために造られましたが、現在、「キリストの荊冠」はノートルダム大聖堂にあります。上の階の礼拝堂を取り囲む、16面からなる1134の旧約・新約聖書の世界を表現したステンドグラスの美しさがサント・シャペルの最大の見どころです。4月~10月にはクラシック・コンサートも開催されています。

Access

アクセス
パリのメトロ

4号線 シテ(Cité)駅下車
1号線7号線11号線14号線シャトレ(Châtelet)駅下車

RER駅から

A線・D線 シャトレ-レ・アル(Châtelet – Les Halles)駅下車
B線 サン・ミッシェル-ノートルダム(Saint-Michel – Notre-Dame)駅下車
C線 サン・ミッシェル(Saint-Michel)駅下車

パリの路線バスを解説

21・38・47・85・96シテ-パレ・ドゥ・ジュスティス(Cité – Palais de Justice)下車
24・27サン・ミッシェル(Saint-Michel)下車
38・67・69・70・72・74・75・76・96シャトレ(Châtelet)下車

Information

時間と料金
オープン時間

入場可能時間:
・4月~9月 9:00~19:00
・10日~3月 9:00~17:00
(最終入場は閉館30分前)

開館日

休館日
1月1日、5月1日、12月25日

入場料

入場料:
大人:10€(オンライン購入の場合、11€)
*18歳~25歳:8€ 18歳未満:無料
*パリ・シティパスポートicon(パリの60以上の美術館が無料になるパスポート)を購入した方:無料
*11月~3月の第1日曜日はすべての人が無料

コンシェルジュリとの共通チケットもあり
大人:15€ (オンライン購入の場合、16€)
18歳~25歳:12,5€(オンライン販売なし)

おすすめ情報
人気の教会で行列ができることが多いので、コンシェルジュリのセット券を購入しコンシェルジュリ側から入る、または朝早く行かれることをおすすめします。または、コンサートついでに見学する方法もあります(上の礼拝堂のみ)。
リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。

この記事の最終更新日: