サン・ポール村のブロカントへの行き方・オープン時間、見どころについて

パリのサン・ポール村の蚤の市への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット
Points
  1. おしゃれな住宅街にあります
  2. 掘り出し物も見つかるかも
  3. ブロカントだけでなくギャラリーやレストランなども
サン・ポール村とは、パリのサンポール通り沿いにある、ブロカント(アンティークマーケット。蚤の市とも)のショップが集まったエリアです。1970年代、近くの住人がバザーを始めたのがきっかけで誕生しました。パリの街の中に、どこかのんびりした風景が現れるのはまさに「Villege(村)」という言葉がぴったり。パリにいながら、のどかな田舎の風景も楽しめる不思議な場所です。中庭やカフェで休憩しながら見て回ることもできます。ブロカント以外にも、ギャラリーやクラフトショップなども。

Access

アクセス
パリのメトロ

1号線サン・ポール(Saint-Paul)駅下車
7号線ポン・マリー(Pont-Marie)駅下車

RER駅から

A線B線・D線シャトレ-レ・アル(Châtelet – Les Halles)駅下車

パリの路線バスを解説

69・76・96サン・ポール(Saint-Paul)下車
67 ポン・マリー(Pont-Marie)下車

Information

時間と料金
オープン時間

営業時間:
・水曜日~月曜日 11:00~19:00

開館日

休業日:
火曜日(店舗により一部異なります)

入場料

入場料:
無料

おすすめ情報
パリのサン・ポール村の蚤の市への行き方、入場可能時間、周辺おすすめスポット

日本にたくさん持ち帰りたい!パリの雑貨がお値打ち価格で手に入ります。

Au petit bonheur la Chance(オ・プティ・ボヌール・ラ・シャンス)は、カフェオレ・ボウルなどのキッチン雑貨やレトロな文房具を販売するお店です。所狭しと写真が置かれたDes Photographies(デ・フォトグラフィー)では、テーマ別に集められた10万点もの写真が販売されています。ドアノーなど有名写真家の作品もありますよ。

ブロカントは一般的に朝が早いイメージですが、サン・ポール村は遅くに始まるため、お昼近くか午後に行くことをおすすめします。

リンク

この記事を書いた人

プランスプラス編集部

プランスプラス編集部

フランスの観光名所をわかりやすく紹介する「フランスプラス」の編集部。フランス在住、大学留学経験がありフランスに精通したスタッフが、初めてのフランス旅行で使える見どころや楽しみ方をご紹介しています。お問い合わせ